/

サル痘ワクチン前倒し配布 米国、感染拡大続く

think!多様な観点からニュースを考える

【ワシントン=共同】米政府は18日、国内のサル痘の感染拡大が続いていることを受け、各地域へのワクチン配布スケジュールを前倒しすると発表した。来週以降、180万回分を新たに使えるようにする。治療薬も5万人分を追加する。

ワクチンは不足が懸念されており、食品医薬品局(FDA)は9日、用量が従来の5分の1で済む「皮内注射」という接種方式を採用。メーカーは「安全性のデータが限られる」などと難色を示したが、FDAは臨床試験の結果を慎重に検討したとして押し切った。政府は少量接種の普及と合わせ、メーカーの生産能力増強も支援する。

また男性同士の性交渉に関連した感染事例が多いため、性的少数者のパレードなどイベントが予定される地域にワクチンを重点配布する。

疾病対策センター(CDC)の17日時点のまとめでは、今年の患者確認は世界で約3万9千人、米国は国別で最多の約1万3500人。春に急増した英国やポルトガルでは感染拡大の勢いが収まってきている。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
投稿チェック項目URLを投稿文中に入力する場合は、URLの末尾にスペースか改行を入れてください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン