/

この記事は会員限定です

空回りした結束の誓い 米バイデン政権1年

内憂外患、実績示せず

[有料会員限定]

1年前、暴動の直後で厳戒態勢が敷かれた米連邦議会議事堂前の就任式で、バイデン米大統領が全霊をささげると誓ったのは「国民と米国の結束」だった。トランプ時代の大混乱を収束し、新型コロナウイルスの傷痕や国際社会での米国の地位低下を修復してくれる……。そんな米国民の期待は、失望へと変わりつつある。

空回りした結束の誓い。バイデン氏の就任1年は、この一言に凝縮される。実績がなかったわけではない。就任早々に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1114文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

バイデン政権

アメリカの「バイデン政権」に関する最新ニュースを紹介します。その他、日米関係や米中対立、安全保障問題なども詳しく伝えます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン