/

Tモバイルへのサイバー攻撃、約5000万人に流出被害

【ニューヨーク=西邨紘子】米通信会社TモバイルUSは18日までに、サイバー攻撃による情報流出被害が顧客など約5000万人に及んだと公表した。同社のサーバーに不正アクセスが確認され、被害内容を調査していた。

情報流出の被害者の内訳は、後払い契約でサービス利用中の780万人、過去にサービスの利用申し込みをした記録のある顧客4000万人と、プリペイド形式の通信サービスを利用する85万人。

後払い契約者とサービス申請者では、社会保障番号、誕生日や運転免許証などの個人情報が流出した。アカウント番号やクレジットカードなど支払い情報に関する被害は現時点で確認されていない。

一方、プリペイド利用者では名前や電話番号、アカウントの暗証番号などの情報が流出した。Tモバイルは、被害者に直接連絡を取り、二次被害を防ぐ対策を進めていると説明した。

Tモバイルへのサイバー攻撃は、ネット掲示板に同社のサーバーから入手した顧客の個人情報を販売するとの投稿が見つかり、発覚した。米メディアによると、掲示板への投稿者は、社会保障番号や運転免許証の情報を含む3000万人分の個人情報を6ビットコインで販売すると広告していた。Tモバイルは、顧客の個人情報が実際に漏洩したかについて調査を進めていた。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン