/

Apple、クリエーター経済に照準 新型MacBook Pro発売

think!多様な観点からニュースを考える

【シリコンバレー=白石武志】米アップルが祖業であるパソコン事業の再成長に力を入れている。18日、ノートパソコンの上位機種「MacBook Pro」シリーズ2機種を26日に発売し、映像編集・音楽制作向けソフトも刷新すると発表した。新型コロナウイルス感染拡大に伴う在宅特需が一服するなか、個人の情報発信で伸びる「クリエーターエコノミー」に狙いを定めた。

5ナノ製造プロセスで生産

18日に開いたオンラインの発表会で最大のサプライズとなったのは、新型MacBook Pro向けに「M1 Pro」と「M1 Max」の2種類の独自半導体を開発したことだ。2020年に発表した「M1」に続く新たな独自半導体を追加することは既定路線だったものの、同時に2種類を用意したところにアップルの新商品にかける本気度が込められている。

スマートフォン「iPhone」向けの半導体「A」シリーズと同様に、M1 ProとM1 Maxの2種類の半導体はいずれも英アームの設計支援ツールを使って開発した。生産は台湾の台湾積体電路製造(TSMC)に委託したとみられ、最先端の回路線幅5ナノ(ナノは10億分の1)メートルの半導体製造プロセスで生産する。

トランジスタ素子数やメモリーの帯域幅を増やすことで、20年に発表したM1に比べ2種類ともCPU(中央演算処理装置)は最大1.7倍の処理性能があるという。動画内にCG(コンピューターグラフィックス)を重ね合わせたり、多くの音源を同時に編集したりする操作がノートパソコンでも容易になる。

新機種は外観デザインも約5年ぶりに刷新した。従来機種のキーボードの上方に配置していたタッチパネル付きの小型ディスプレーは廃止し、物理的なファンクションキーを復活させた。実用性を求める消費者の声を重視したとみられる。

新型コロナの在宅需要は一服

新型コロナ禍で在宅勤務や遠隔教育向けの需要が急伸し、アップルのMac部門の売上高は21年1~3月期に前年同期比70%増となった。その後、外出制限が緩和され経済活動が段階的に再開したことで、4~6月期には16%増に減速するなど息切れ感が漂う。

Macは高いデザイン性が根強い人気を誇る一方、米マイクロソフトの基本ソフト(OS)「ウィンドウズ」を搭載する中国のレノボ・グループや米HPなどのライバルメーカー製に比べ平均単価は2倍前後になる。米IDCによると21年4~6月のパソコン市場におけるアップルのシェアは7.4%と前年同期に比べ0.2ポイント低下した。

そんなアップルのMacにとって追い風となりそうなのが、「ユーチューブ」や「インスタグラム」などのSNS(交流サイト)の普及に伴って映像や音楽などのコンテンツ制作・販売に乗り出したクリエーターらの存在だ。

SNS上で誰でもコンテンツ販売や広告収入などを通じて収益を得られるようになったことで、クリエーターエコノミーの市場規模は世界で1000億ドル(約11兆円)を超えたとの試算もある。これまで一部の映像編集や音楽制作のプロ向けに限られていた高性能パソコンの市場の裾野も広がっている。

アップルは新型MacBook Proの発売にあわせ、自社の映像編集と音楽制作のソフトウエアを更新することも発表した。M1 ProとM1 Maxに最適化することでより高画質・高音質のデータを手軽に扱えるようにして、幅広いクリエーターらのニーズを取り込む。

16インチモデルは100ドル値上げ

MacBook Proの14インチモデルの価格は1999ドル(日本での価格は23万9800円)から。16インチモデルの価格は2499ドル(同29万9800円)から。アップルは画面サイズが同等であれば値段を据え置くケースが多いが、16インチモデルは米国での価格を従来に比べ100ドル値上げした。

アップルは20年に独自半導体M1を初めて搭載したノートパソコン「MacBook Air」の米国内での価格を999ドルからに設定し、コロナ禍の在宅需要で多くの新規ユーザーを取り込んだ。上位機種であるMacBook Proでは販売台数よりも1台当たりの単価を伸ばすことで収益を最大化する考えとみられる。

「私たちのユーザーに力を与え、彼らが他者の創造性から刺激を受けられるような製品を設計していく」。18日にオンラインで開いたイベントでティム・クック最高経営責任者(CEO)は新製品に込めた思いをこう表現した。勃興するクリエーターエコノミーは、巨艦企業となったアップルの商品戦略にも影響を与え始めている。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

Appleイベント

iPhoneやMacBook Proなどの新製品が発表されるAppleイベントやデベロッパー向けWWDCを速報レビュー。イベントでのCEO発言や内容から浮かぶAppleの動向などを分析・解説した記事を掲載します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン