/

ウォルマート、11月3日からセール 商戦前倒し鮮明に

【ニューヨーク=白岩ひおな】米小売り大手ウォルマートは18日、1カ月間の大規模セールを11月3日から始めると発表した。物流混乱による品不足などの懸念も踏まえ、年末商戦のピークとなる同月26日の「ブラックフライデー」より早く消費を呼び込む。すでにインターネット通販最大手アマゾン・ドット・コムなどがセールを始めており、商戦の前倒しが鮮明となる。

セール「ブラックフライデー・ディールズ・フォー・デイズ」は3日にオンラインで先行して開始し、5日から店舗でも実施する。同社の継続課金(サブスクリプション)型サービス「ウォルマート+(プラス)」の有料会員はオンラインセールに非会員より4時間早くアクセスできるようにし、会員獲得につなげる。

セールは3段階に分ける。第1弾ではおもちゃや電子機器、10日(店舗は12日)から始まる第2弾は衣料品やロボット家電などを値引きする。第3弾の日程は明らかにしていないが、最もお得な割引商品を用意するという。これとは別にプレセールとして10月18日夜から、家電やおもちゃなどの早期割引商品も販売する。

米国部門のエグゼクティブ・バイスプレジデント、スコット・マッコール氏は「今年は規模をさらに拡大し、買い物の方法と商品の数を増やす」と表明した。お買い得商品は「在庫がなくなるまで」提供すると前置きし、早期の買い物を呼びかけた。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン