/

米ゴールドマン12年ぶり最高益 21年通期、M&A追い風

(更新)

【ニューヨーク=宮本岳則】米金融大手ゴールドマン・サックスが18日発表した2021年12月期決算は、純利益が前の期比2.2倍の216億ドル(約2兆4800億円)となり、過去最高益を更新した。世界的なM&A(合併・買収)ブームが追い風となり、助言業務が伸びたほか、株式や債券の引受業務が好調だった。

ゴールドマンが最高益を更新するのは09年12月期以来、12年ぶりだ。08年のリーマン・ショック前はトレーディング部門が業績をけん引していたが、規制強化や低金利環境で稼ぎにくくなり、逆に足かせとなっていた。新型コロナウイルスのパンデミック(感染大流行)以降に株価や金利が大きく動いたことで、機関投資家の売買が増加し、同部門も息を吹き返した。

投資銀行部門の純営業収益(事業会社の売上高に相当)は148億ドルとなり、前の期比58%増となった。M&Aの大型案件で助言業務を獲得し、手数料収入が増えた。債券引受業務では買収ファンドの資金調達を支援する「レバレッジド・ファイナンス」が好調だった。

もっとも四半期業績の推移をみると、勢いに陰りがみえる。21年10~12月期の純利益は前年同期に比べて13%減った。トレーディング部門の収益が前年の水準に届かなかった。機関投資家による高水準の売買が続いていたが、徐々に正常化に向かっている。ゴールドマンの株価は早朝の時間外取引で一時、4%安となった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン