/

米ホーム・デポ85%増益、売上3割増 住宅改修需要続く

米ホーム・デポの2~4月期の既存店売上高は31%増を記録した(2月、フロリダ州マイアミの店舗)=AP

【ニューヨーク=河内真帆】米ホームセンター最大手のホーム・デポが18日発表した2021年2~4月期決算は、純利益が前年同期比85%増の41億4500万ドル(約4500億円)だった。家屋改修に向けた大幅な需要増が続いた。既存店売上高は31%増を記録し、市場予測の20%前後を大きく上回った。

売上高は33%増の375億ドル。住宅市況の活況により建材需要が高かったほか、新型コロナウイルス下での在宅勤務の長期化で自宅改修などに取り組んだ個人消費者によるDIY用品の需要が引き続き堅調だった。主力の米国市場での既存店売上高は29.9%増だった。

同期中の決済数は19.3%増の4億4720万件、顧客平均購入単価は10.3%増の82.37ドルだった。クレイグ・メネア最高経営責任者(CEO)は「顧客の店内での滞在時間は長くなった」と述べた。

今後の経済環境や消費動向は不透明感が強いことを理由に業績見通しは発表しなかった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン