/

この記事は会員限定です

サイバー攻撃、米英40超の企業・政府標的に

米国務長官、「実行犯はロシア」と断定

(更新) [有料会員限定]

【ニューヨーク=大島有美子】米政府機関などが大規模なサイバー攻撃を受けていた問題で、被害が今年3月以降、米英、イスラエルなど40超の企業や政府機関に及んでいたことがわかった。ポンペオ米国務長官は18日、実行犯をロシアと断定。米ロ関係の悪化につながる可能性が出てきた。

■核兵器の米管理当局も攻撃

サイバー攻撃は13日、米国土安全保障省傘下のサイバーセキュリティー専門機関(CISA)が米政府機関にネッ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1236文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン