/

この記事は会員限定です

Google「日本の自治体の半数にPC納入」 教育を強化

[有料会員限定]

【シリコンバレー=奥平和行】米グーグルは17日、教育関連の製品やサービスの説明会を開いた。新型コロナウイルスの感染拡大に伴い学習管理サービス「クラスルーム」の利用者が世界で急増したほか、日本でも約半数の自治体や教育委員会が同社の基本ソフト(OS)を搭載したパソコン「クロームブック」の採用を決めたと説明した。

「ラーニング・ウィズ・グーグル」と呼ぶ説明会をインターネットで配信した。スンダー・ピチャイ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り568文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン