/

Apple、新型MacBook Proを26日発売 独自半導体2種類

(更新)

【シリコンバレー=白石武志】米アップルは18日にオンラインで開いたイベントでノートパソコンの上位機種「MacBook Pro」シリーズ2機種を26日に発売すると発表した。同シリーズ向けに新たに「M1 Pro」と「M1 Max」の2種類の高性能半導体を独自に設計・開発し、ユーザーが求める性能に応じて搭載する半導体を選べるようにした。

アップルはMacシリーズについては2006年以降、米インテル製の半導体を搭載してきたが、商品開発のスケジュールがインテルに左右されるなどの課題があった。このためアップルは20年に英アームの設計開発ツールを使った独自半導体「M1」を開発し、入門機から段階的に搭載を進めてきた。

新たに開発したM1 ProとM1 Maxは最先端である回路線幅5ナノ(ナノは10億分の1)メートルの半導体製造プロセスを使って生産した。トランジスタ素子数やメモリーの帯域幅などを増やし、20年に発表したM1に比べCPU(中央演算処理装置)は2種類とも最大1.7倍の処理性能があるという。GPU(画像処理半導体)の性能はM1 Proが最大2倍、M1 Maxは最大4倍にのぼるという。

MacBook Proシリーズは映像・音楽制作などの分野で根強い人気を持つ。半導体の性能向上によって、人工知能(AI)を使った画像・音声編集などが容易になる。アップルは同シリーズの発売に合わせ、自社の映像編集と音楽制作のソフトを更新し、新たな半導体に最適化させる。

新機種ではパソコン本体のデザインも刷新し、ディスプレーには微細な発光ダイオード(LED)によってきめ細やかに輝度を調節できる技術を採用した。従来機種でファンクションキーの代わりに搭載していた「タッチバー」と呼ぶタッチパネル付きの小型ディスプレーは廃止した。

MacBook Proの14インチモデルの価格は1999ドル(日本での価格は23万9800円)から。16インチモデルの価格は2499ドル(同29万9800円)から。両機種とも18日からオンラインで予約注文を受け付け、26日に発売する。

アップルは同日、ワイヤレスイヤホン「AirPods」について、上位機種に搭載している「空間オーディオ」と呼ぶ音響技術に対応させた新モデルを26日に発売することも発表した。価格は179ドル(日本での価格は2万3800円)。スマートスピーカー「HomePod mini」については、従来の白と黒を基調とする2色に加え、イエロー、オレンジ、ブルーの3色を新たに加える。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

Appleイベント

iPhoneやMacBook Proなどの新製品が発表されるAppleイベントやデベロッパー向けWWDCを速報レビュー。イベントでのCEO発言や内容から浮かぶAppleの動向などを分析・解説した記事を掲載します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン