/

この記事は会員限定です

新興国、相次ぎ利上げ 通貨安でインフレ 景気の重荷に

ブラジル5年半ぶり トルコも2%上げ

(更新) [有料会員限定]

【サンパウロ=外山尚之、イスタンブール=木寺もも子】ブラジルやトルコなど新興国が相次いで利上げに踏み切った。景気刺激策として金融緩和を続けてきたが、通貨安に伴う輸入物価の上昇がインフレを招き、金融政策の転換を余儀なくされている。ただ、引き締めは新型コロナウイルス禍からの景気回復の重荷となる可能性がある。

ブラジル中央銀行は17日、政策金利を0.75%引き上げ、2.75%にすると発表した。利上げは約...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り835文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン