/

米・イスラエル首脳が電話協議 対イランで連携確認

バイデン米大統領はトランプ前政権が仲介したイスラエルとアラブ諸国の国交正常化合意を支持する立場を改めて示した=AP

【ワシントン=中村亮】バイデン米大統領は17日、イスラエルのネタニヤフ首相と電話協議した。米ホワイトハウスによると、バイデン氏は防衛協力を含む2国間関係の強化に取り組む立場を伝え、対イラン政策で緊密に連携することを確認した。

米国とイスラエルは歴史的に緊密な関係にあるが、バイデン氏の大統領就任から1カ月近くが経過して首脳同士の電話協議がようやく実現した。バイデン氏は過度にイスラエルに肩入れしたトランプ前政権の政策を修正する。イスラエルが反対するイラン核合意にバイデン政権は復帰する方針だ。米国とイスラエルの間には溝がある。

一方、バイデン氏は電話協議でトランプ政権が仲介したイスラエルと一部のアラブ諸国による国交正常化の合意を支持する立場を改めて示した。トランプ前政権はエルサレムをイスラエルの首都として承認したが、バイデン政権もこれまで、この決定を覆す考えはないと説明している。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン