/

この記事は会員限定です

米200兆円法案、党内対立で採決越年へ バイデン氏公約

(更新) [有料会員限定]

【ワシントン=鳳山太成】バイデン米大統領が掲げる1.75兆ドル(約200兆円)規模の歳出・歳入法案の成立が遅れている。上院で年内の可決を目指してきたが、与党・民主党の内部対立が解けない。バイデン氏が支持率回復のために実現を急ぐ目玉公約の採決は2022年にずれこむ見通しだ。

民主党の上院トップ、シューマー院内総務は17日、歳出・歳入法案について「大統領はさらなる交渉を求めている」と述べた。具体的な...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り791文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

バイデン政権

アメリカの「バイデン政権」に関する最新ニュースを紹介します。その他、日米関係や米中対立、安全保障問題なども詳しく伝えます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン