/

この記事は会員限定です

米国で先鋭化する過激派勢力 陰謀論が助長

ワシントン支局 芦塚智子

[有料会員限定]

1月6日の米連邦議会議事堂への乱入事件をきっかけに、米国で国内過激派の台頭への懸念が高まっている。事件で知名度を上げた「プラウドボーイズ」などの極右グループが勢力を拡大する恐れに加え、対抗する左派「アンティファ」との衝突が増える可能性も指摘される。米社会の分断やソーシャルメディアを通した陰謀論の拡散が、多様な層への過激思想の浸透を助長している。

「西欧優越主義」の暴力集団

昨年11月、首都ワシント...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1756文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

グローバルViews

いま大きく揺れ動く、世界経済。 自分か。自国か。世界か。このコラムでは、世界各地の記者が現地で起きる出来事を詳しく解説し、世界情勢の動向や見通しを追う。 今後を考えるために、世界の“いま”を読み解くコラム。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン