/

米環境保護局長官にリーガン氏 バイデン次期大統領指名

(更新)
米環境保護局(EPA)長官に起用されるマイケル・リーガン氏=AP

【ワシントン=鳳山太成】バイデン次期米大統領は17日、看板の環境政策を担う米環境保護局(EPA)長官に南部ノースカロライナ州政府の環境規制部門を率いるマイケル・リーガン氏を指名すると発表した。エネルギー長官には再生エネルギーを推進するジェニファー・グランホルム元ミシガン州知事を起用する。

内務長官には西部ニューメキシコ州選出の下院議員デブラ・ハーランド氏を指名する。米メディアによると、議会上院で承認されれば初の先住民の閣僚となる。内務長官は国内の土地保護など環境政策にも関わる。

ホワイトハウスで環境政策を担う高官の人事も合わせて発表した。自動車分野の環境規制を担う運輸長官にはピート・ブティジェッジ前インディアナ州サウスベンド市長をあてると既に発表済みだ。温暖化ガスの排出削減を重視する政策にカジを切る。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

バイデン次期政権

アメリカの「バイデン政権」に関する最新ニュースを紹介します。その他、日米関係や米中対立、安全保障問題なども詳しく伝えます。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン