/

米ファイザー、日本でコロナワクチン承認申請へ 18日にも

米製薬大手ファイザーは18日に新型コロナウイルス向けのワクチンを厚生労働省に承認申請する=ロイター

米製薬大手ファイザーは18日、開発した新型コロナウイルス感染症のワクチンを厚生労働省に承認申請する。世界では200を超えるワクチンの開発計画があるが、国内での実用化に向けた承認申請は初。

厚労省は有効性と安全性を見極める審査を行う方針。承認されれば、来年3月にも接種が始まる可能性がある。

審査には、有効性を調べるために行われた4万人以上を対象とした臨床試験や、主に安全性を見るために実施した小規模な国内試験結果が使われる見通し。

海外の臨床試験では、接種した人の発症リスクが95%減ったとの結果が出ている。注射を打った部位の痛みや疲労、頭痛が見られたが、安全性に問題はないとしている。

既に使用が認められ、接種が始まった米国や英国では激しいアレルギー反応が出たとの報告もあり、厚労省は慎重に評価していく方針。〔共同〕

新型肺炎

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン