/

NYダウ続落210ドル安、景気敏感株に売り

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える

【NQNニューヨーク=古江敦子】17日の米株式市場でダウ工業株30種平均は4日続落し、前日比210ドル22セント(0.6%)安の3万3823ドル45セントで終えた。前日の米連邦公開市場委員会(FOMC)で2023年に2回の利上げ予想が示され、景気過熱やインフレを見込んだ取引を手じまう動きが広がった。素材や金融など景気敏感株に売りが強まった。半面、長期金利の低下でハイテク株は上昇した。

17日は金や銅、原油など商品先物相場が総じて下落し「リフレトレード」が後退した。米株式相場でも素材やエネルギー株が売られ、化学のダウが3%安、石油のシェブロンは2%安となった。商品価格の上昇や景気回復を期待して買われてきた建機のキャタピラーが4%下げ、工業製品・事務用品のスリーエムや航空機のボーイングも売られた。

債券市場では年限の短い2年物国債を売って10年や30年物国債を買う動きが広がり、利回り曲線の平たん化が進んだ。米長期金利の低下による利ざや縮小の思惑からゴールドマン・サックスやJPモルガン・チェースなど金融株が売られた。ダウ平均の下げ幅は一時400ドルを超えた。

一方、金利低下の局面で買われやすい高PER(株価収益率)のハイテク株が買われ、ソフトウエアのマイクロソフトやスマートフォンのアップルが上昇した。市場では「4~6月期決算発表を来月に控え、好業績を見込んでハイテク株に資金が移動している」(ナショナル・ホールディングスのアート・ホーガン氏)との指摘もあった。

ハイテク比率が高いナスダック総合株価指数は3営業日ぶりに反発し、前日比121.666ポイント(0.9%)高の1万4161.350で終えた。14日に付けた過去最高値(1万4174)を上回る場面もあった。ネット通販のアマゾン・ドット・コムや交流サイトのフェイスブックなど主力ハイテク株が上昇した。

アナリストが目標株価を引き上げた画像処理半導体のエヌビディアが5%上げ、上場来高値を付けた。データセンター市場でのシェア拡大が期待されたアドバンスト・マイクロ・デバイス(AMD)は6%高で終えた。

通信ソフトのトゥイリオが8%高、ネット通販支援のショッピファイが6%高で終えるなど、景気敏感株に比べ出遅れていた新興のグロース(成長)株を買い上げる動きも目立った。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン