/

この記事は会員限定です

GM、背水のソフト戦略 アプリや配車で事業モデル転換

ビッグBiz解剖㊦

[有料会員限定]

3月、米運輸省はハンドルやブレーキペダルがない車の公道走行を認める規制緩和を発表した。「素晴らしいステップだ!」。すかさずツイートしたのは米ゼネラル・モーターズ(GM)の子会社で自動運転技術を開発するGMクルーズだ。

同社は2月、ロボタクシー「オリジン」の生産と商用化を承認申請した。当局の決定はそれを受けたものだ。オリジンは4~6人が乗れるボックス型の車両で運転席はない。GMはこの車両を使った配...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1706文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

経営戦略や人材戦略、投資戦略、研究開発(R&D)、サプライチェーンや現場の取り組みは。日本やアメリカ、中国などグローバル競争の先頭を走る有力企業の現在と未来を追います。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン