/

日米韓高官、共同記者会見とりやめ 日韓の意見対立で

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える

【ワシントン=坂口幸裕】シャーマン米国務副長官は17日、同日の日米韓外務次官級協議後に予定していた3者による共同記者会見について、日韓の意見対立を受けて取りやめたと明かした。日本の外務省筋は韓国の警察庁長官が16日に島根県・竹島(韓国名・独島)に上陸したのを受け「共同会見を実施するのは不適切だと判断した」と説明した。

17日にワシントンで開いた日米韓の次官級協議では北朝鮮の核問題や自由で開かれたインド太平洋の実現に向けた連携について話し合った。シャーマン氏は協議後、単独で記者会見し「日本と韓国の間には解決しなければならない2国間の違いがある。そのため形式を変更した」と話した。具体的なテーマには言及しなかった。

シャーマン氏、日本の森健良外務次官、韓国の崔鍾建(チェ・ジョンゴン)外務第1次官が会談後にそろって会見に臨む計画だった。

韓国の金昌龍(キム・チャンリョン)警察庁長官は16日、竹島に上陸し、日本政府は韓国政府に抗議していた。日本の外務省筋はワシントンで記者団に「我が国の立場にかんがみて到底受けいれられないと強く抗議をしている中で共同記者会見を実施するのは不適当だと判断した」と話した。外務省は森氏は崔氏と現地で個別に会談し、直接抗議したと発表した。

韓国の聯合ニュースによると、崔氏は在米韓国大使館で記者団に「日本側が、韓国警察庁長官の独島訪問問題により会見に出席できないとの立場を伝えてきた」と語った。

バイデン米大統領はオバマ政権の副大統領時代から日韓合意の地ならしに関わった経緯もあり、米政府は日米韓が結束して北朝鮮に対処する姿勢を重視してきた。今回の記者会見の取りやめにより、歴史認識や領土問題で対立する日韓の足並みの乱れが改めて露呈した格好だ。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
投稿チェック項目URLを投稿文中に入力する場合は、URLの末尾にスペースか改行を入れてください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン