/

ブラジル、5年半ぶり利上げ  物価上昇で金融政策転換

食品価格の上昇が深刻化する中、市場で商品を吟味する市民(2月、サンパウロ)

【サンパウロ=外山尚之】ブラジル中央銀行は17日、政策金利を0.75%引き上げ、年2.75%にすると発表した。利上げは2015年7月以来、約5年半ぶり。景気刺激策として金融緩和を続けてきたが、新型コロナウイルスの影響で物価が上昇する中、引き締めに転じた。

市場では0.25~0.5%の利上げを予想する声が多かったため、サプライズとなった。中銀は声明で「部分的に(金融政策の)正常化の手続きを始めることを決めた」として、金融緩和政策からの転換を説明した。

ブラジル中銀は低迷する経済を下支えするため、16年から利下げを実施。利下げ幅は合計で12%を超える。金融緩和は消費を後押しする効果はあったものの、近年は通貨安や不動産価格の高騰といった副作用が浮上していた。

通貨安はインフレ要因となっており、深刻な社会問題となっている。ブラジル地理統計院(IBGE)によると、2月の物価上昇率は年率5.2%と、約4年ぶりの高水準となっていた。特に食品価格は10%を超える上昇が常態化しており、新型コロナウイルスで所得が減少する市民に打撃となっていた。

市場では今後も利上げが続くとの見方が強い。中央銀行が民間エコノミストの調査をまとめた「FOCUS」調査によると、当面の政策金利予想は年末時点で4.5%、22年末に5.5%となっている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン