/

この記事は会員限定です

トヨタ、北米4工場を一部休止 樹脂部品に供給懸念広がる

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

【ニューヨーク=中山修志】トヨタ自動車が米国とメキシコで完成車とエンジン生産の計4工場を一部休止して生産調整することが17日、わかった。2月に米国を襲った記録的な寒波と南部テキサス州の大規模停電によって樹脂部品などの供給が滞っていることが影響する。自動車業界では半導体不足による生産調整が続いているが、樹脂部品にも影響が広がってきた。

一部の工場では3月11日ごろからすでに生産調整に入っているもようだ。4月初旬...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り402文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン