/

この記事は会員限定です

27日にジャクソンホール会議 緩和縮小、FRB議長の意は

[有料会員限定]

カンザスシティー連銀が主催する8月恒例の経済シンポジウム(ジャクソンホール会議)が27日開かれる。米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長が講演する。米国債など資産を買い入れる量的緩和の縮小(テーパリング)の開始へ、決定時期や具体的な手法に関する発言に注目が集まる。

同会議は景勝地ジャクソンホールを舞台に主要国の中銀首脳や経済学者らが政策論議を交わしてきた。今回は「不均等な経済におけるマクロ経済政...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1195文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン