/

この記事は会員限定です

米通商、急ぐ対中シフト EUと関税合戦「休戦」

(更新) [有料会員限定]

【ワシントン=鳳山太成】バイデン米政権が中国の通商問題に注力するため、同盟国・地域との連携を急いでいる。欧州連合(EU)と鉄鋼・アルミニウムを巡る関税合戦の「休戦」で合意した。米国内には関税維持を求める声も根強く、米欧関係の完全修復に向けた課題は依然大きい。

米EUは17日、鉄鋼・アルミの過剰生産問題で交渉すると表明した。トランプ前政権は2018年、中国などの過剰生産で流れ込んだ輸入を制限するため...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り805文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

バイデン政権

アメリカの「バイデン政権」に関する最新ニュースを紹介します。その他、日米関係や米中対立、安全保障問題なども詳しく伝えます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン