/

Appleが新型iPadを26日発売 外観刷新、6万8800円から

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える

【シリコンバレー=白石武志】米アップルは18日、タブレット端末の入門機種「iPad」の次期モデルを26日に発売すると発表した。現行モデルの特徴だった本体前面のホームボタンをなくすなど外観デザインを刷新した。日本での価格は6万8800円(税込み)からと、現行モデルに比べ4割近く上げる。急速に進んだ円安を受け、日本ではiPadシリーズの既存機種についても値上げに踏み切る。

第10世代となる新型iPadの画面サイズは現行モデルに比べやや大きい10.9インチとした。頭脳となる半導体には2020年発売のスマートフォン「iPhone 12」シリーズなどと同じ独自設計品の「A14」を搭載した。

現行モデルでホームボタンに組み込んでいた指紋認証機能「Touch ID」は本体側面のボタンに移動させた。充電などに使う端子は「USBタイプC」を採用した。本体色は「ブルー」「ピンク」「イエロー」「シルバー」の4種類を用意する。

米国での価格は449ドル(約6万7000円)からで、日本での価格は6万8800円からとした。半導体などの性能を高めたことで、いずれも現行モデルに比べ4割近く高い水準となる。アップルはより値ごろなiPadを求める消費者のために、従来と同じ価格で21年9月発売の現行モデルの販売も続ける。

アップルは18日、タブレット端末の最上位機種「iPad Pro」の次期モデルも発表した。26日に発売する。改良した独自設計の半導体「M2」を搭載し、情報処理性能を高めつつ消費電力を抑えた。

新型iPad Proでは従来と同じく画面サイズが11インチと12.9インチの2種類を用意した。米国での価格は現行モデルから据え置き、11インチモデルが799ドルから、12.9インチモデルが1099ドルからとした。

一方、日本では新型iPad Proの価格は11インチモデルが12万4800円から、12.9インチモデルが17万2800円からとした。急速に進んでいる円安・ドル高を反映したとみられ、現行モデルに比べ6~8%高い水準に設定した。

アップルは日本時間19日までに日本向けウェブサイトを更新し、既存機種であるタブレット端末「iPad mini」と「iPad Air」についても価格を上げた。18日まで7万2800円からの価格設定で販売していたiPad miniについては7万8800円からに、8万4800円からだったiPad Airは9万2800円からにそれぞれ引き上げた。アップルは7月にも日本でiPhoneシリーズやiPadシリーズを含む幅広い商品を値上げしていた。

ニューズレター

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません