/

米、ワクチン輸出拡大を表明 6月末までに2000万回分

(更新)
バイデン氏は17日、米国内には十分なワクチン供給量があると説明した(ホワイトハウス)=AP

【ワシントン=鳳山太成】バイデン米大統領は17日、米国で生産した新型コロナウイルスワクチン2000万回分を6月末までに輸出すると表明した。英国メーカー製のワクチンと合わせて計8000万回分を他国に送る。ワクチンの「独占」批判を受けるなか、輸出拡大で国際社会に理解を求める。

他国に供給するのはファイザー、モデルナ、ジョンソン・エンド・ジョンソンの米企業が開発したワクチン。バイデン氏はホワイトハウスで演説し「米国は世界に向けたワクチンの備蓄庫になる」と述べた。供給相手は明らかにしていない。

バイデン政権は4月下旬、米国で未承認の英アストラゼネカ製ワクチン6000万回分を輸出すると発表した。当局の許可を得た後に出荷する。ファイザー製など承認済みのワクチンも、米国内で十分な供給量を確保したため、他国に一部を開放する。

バイデン政権は国内の供給を優先するため、輸出に慎重な姿勢を貫いてきた。途上国の生産を増やすためワクチン特許の一時放棄を支持した。一方、欧州連合(EU)は特許放棄を話し合う前に、まず米国が輸出を増やすよう求めていた。

日本や、アフリカなど途上国でワクチンの接種が遅れている。中国やロシアはワクチンを配って影響力を高める「ワクチン外交」を展開する。バイデン氏は中ロを念頭に「米国は他国から好意を得るためにワクチンを使うことはない」と強調した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

バイデン政権

アメリカの「バイデン政権」に関する最新ニュースを紹介します。その他、日米関係や米中対立、安全保障問題なども詳しく伝えます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン