/

この記事は会員限定です

米通商、日欧協調で対中包囲 関税撤廃への反発必至

点検・バイデン政策(中)

[有料会員限定]

民主主義を掲げる同盟国と協調し、中国に立ち向かう――。バイデン次期米大統領が掲げる外交戦略の「本気度」を試すバロメーターが通商政策だ。

10月下旬、南部アラバマ州。米国を代表する製鉄会社USスチールが新しい工場を稼働した。トランプ大統領が残した「政治的遺産」の一つだ。日本と欧州連合(EU)向け鉄鋼関税の発動を受け、USスチールなど米各社は増産投資に動いた。米鉄鋼協会は11月、「今は関税解除の時では...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1191文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

バイデン次期政権

アメリカの「バイデン政権」に関する最新ニュースを紹介します。その他、日米関係や米中対立、安全保障問題なども詳しく伝えます。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン