/

この記事は会員限定です

米、「友好国」と供給網構築を推進 中ロの影響排除

[有料会員限定]

【メキシコシティ=清水孝輔】米政府は、ロシアによるウクライナ侵攻や米中対立で弱点が浮き彫りとなった企業のサプライチェーン(供給網)について、信頼できる友好国での立地を重視する「フレンドショアリング」を後押しする。安定的な供給を確保する観点から米国に近い中南米やカナダが有力な移転候補地として浮上している。ただ、経済成長を支えてきた自由貿易の恩恵を損なう懸念も指摘されている。

「地政学的な懸念がある...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1261文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン