/

米、対北朝鮮で日韓修復促す 

日米首脳は対北朝鮮政策で韓国を交えた3カ国協力の重要性を確認した=AP

【ワシントン=永沢毅】日米首脳は対北朝鮮政策を巡り、韓国を交えた3カ国協力の重要性がかつてなく増しているとの認識で一致した。菅義偉首相は日本人拉致問題の即時解決に向けてバイデン大統領の協力を取り付けたが、対立が深刻になっている韓国との関係改善を促された格好だ。

米政府高官は「現在の日韓関係は耐えがたいレベルで、心配している」と話し、日韓の足並みの乱れが対北朝鮮政策の支障になると懸念する。バイデン氏はオバマ政権の副大統領時代、悪化していた日韓関係の修復に尽力し、のちの従軍慰安婦を巡る日韓合意の地ならしをした実績がある。

バイデン氏は5月後半に、日本に続く外国首脳として韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領をホワイトハウスに招く予定で、韓国にも3カ国協力の重要性を訴える見通しだ。

日米共同声明には国連安全保障理事会の対北朝鮮制裁決議の完全な履行を国際社会に求めると明記した。「全ての大量破壊兵器とあらゆる射程の弾道ミサイルのCVID(完全で検証可能かつ不可逆的な非核化)をめざすと一致した」。首相は共同記者会見でこう強調した。

バイデン政権は近く、対北朝鮮政策を巡る検証をとりまとめる方針だ。今回の共同声明には途中段階ながら検証の結果が反映されている。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン