/

米新聞大手トリビューン、投資ファンドのアルデンが買収

【ニューヨーク=清水石珠実】米新聞大手トリビューン・パブリッシングは16日、米投資ファンドのアルデン・グローバル・キャピタルの完全子会社になると発表した。アルデンはすでにトリビューンの発行済み株式の32%を保有する筆頭株主で、全株を取得する。6月末までの手続き完了を目指す。

トリビューンは傘下に有力地方紙「シカゴ・トリビューン」などを抱える。アルデンは新聞業界への投資で知られるファンドで、傘下に抱える新聞数ではすでに業界2位の地位にある。トリビューン買収でさらに規模を拡大し、経営の効率化を進める。

アルデンは2020年12月、トリビューンの完全買収を提案した。だが、買収額が低すぎるという批判が一部の株主から出たことを受けて買収提案額を2割超引き上げ、トリビューン株1株当たり17.25ドル(約1830円)で合意した。トリビューンの企業価値は6億3千万ドルと見積もられた。

アルデンは買収した新聞社に大規模なリストラを実施し、収益を上げる手法で知られる。トリビューン買収は「ローカル報道の衰退」につながるとして、地方政治家やジャーナリスト団体などから反対する声が出ていた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン