/

米イラン「核合意再建へ最終段階」 原油一時91ドル割れ

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える

【ワシントン=中村亮】米国務省のプライス報道官は16日の記者会見で、米国のトランプ前政権の離脱によって事実上機能を失ったイラン核合意の再建交渉をめぐり「まさに最終段階だ」と語った。イランの交渉担当者も「(再建へ)かつてなく近い」とツイッターに投稿した。再建交渉がまとまるとの見方が強まり、米原油先物相場は下落し、一時1バレル91ドルを割り込んだ。

米国とイランは8日、欧州を仲介役とする核合意再建に向けた間接協議をウィーンで再開した。米国による制裁解除とイランによる義務の再履行の手順などについて話し合っている。交渉がまとまれば、イランからの原油輸出が増える公算が大きい。

イラン核合意は2015年にいずれも当時のオバマ米政権とイランの穏健派ロウハニ大統領が主導して成立した。核合意に批判的だったトランプ政権は18年に一方的に離脱。イランは反発し、合意の義務履行を相次いで停止した。バイデン政権は核合意への復帰を探るが、イランでは21年の大統領選挙で反米強硬派のライシ師が大統領に就任し、双方の溝が深まった。

イランは、合意再建を取り付けた場合でも、米国の政権が24年の大統領選で交代し、ふたたび合意を離脱する可能性を警戒する。米国が二度と離脱しないという保証を求めているが、米議会には対イラン強硬派が多く、イランの要求は実現困難だとみられていた。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
投稿チェック項目URLを投稿文中に入力する場合は、URLの末尾にスペースか改行を入れてください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

バイデン政権

アメリカの「バイデン政権」に関する最新ニュースを紹介します。その他、日米関係や米中対立、安全保障問題なども詳しく伝えます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン