/

この記事は会員限定です

航空ショー主役は「貨物」 ボーイング、新型機検討

[有料会員限定]

【ドバイ=木寺もも子、ニューヨーク=花房良祐】世界で航空貨物機の需要が増えている。新型コロナウイルスの余波でネット通販の貨物量が急増するなか、海運のコンテナ不足を補う輸送手段として引き合いが強まる。旅客機の需要が落ち込む航空機メーカーにとっては干天の慈雨で、米ボーイングは次世代の大型貨物機の開発を検討していることを明らかにした。航空会社が旅客機を貨物機に改造する動きも広がる。

18日まで開催中の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り984文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン