/

ジャンピエール米大統領報道官、初の記者会見

【ワシントン=芦塚智子】ジャンピエール米大統領報道官が16日、ホワイトハウスで就任後初の定例記者会見を開いた。ジャンピエール氏は「私は黒人で、同性愛者で、移民の女性だ。この3つ全てにとって、この役職に就くのは初めてになる」と語り、多様性を重視する政権の理念を強調した。

米メディアによると、ジャンピエール氏はカリブ海にあるフランスの島でハイチ人の両親の間に生まれ、幼少期に移住したニューヨークで育った。ジャンピエール氏は「障壁を破ってきた何世代もの人々がいなければ、私はここにいなかった」と先人たちに感謝を示した。

記者会見では、東部ニューヨーク州バファローで10人が犠牲になった黒人を標的にしたとみられる銃乱射事件に質問が集中。ジャンピエール氏は冒頭で犠牲者の名前を読み上げて追悼した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

バイデン政権

アメリカの「バイデン政権」に関する最新ニュースを紹介します。その他、日米関係や米中対立、安全保障問題なども詳しく伝えます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン