/

NYブロードウェー「オペラ座の怪人」、23年2月閉幕へ

(更新)

【ニューヨーク=大島有美子】米ニューヨーク市の劇場街ブロードウェーで上演されている名作ミュージカル「オペラ座の怪人」が2023年2月18日に閉幕することが16日、わかった。劇場がウェブサイトで明らかにした。ブロードウェーで最も長く約35年にわたって上演されたが、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)にともなう観光客減少のあおりを受け、閉幕することとなった。

オペラ座の怪人はブロードウェーで1988年から上演を開始した。ブロードウェーは20年3月、新型コロナの感染拡大で興行を中止し、21年9月に本格再開した。オペラ座の怪人も同年10月に公演を再開した。

ブロードウェーでは7月から観客のマスク着用義務を解除するなど、「コロナ前」の状況に近づいてきた。米紙ニューヨーク・タイムズによると、それでも作品の上演コストに見合う収入が戻ってこなかったとみられる。

劇場前には16日、作品のシンボルとなる一輪のバラが置かれていた。ニューヨークのブルックリン地区に住む女性は「初めてみたブロードウェーがオペラ座の怪人だった。とても悲しい」と話した。今年に入ってヒロイン役に黒人俳優が初めて抜てきされたことも「同じ黒人女性としてうれしく応援していた」。

ニューヨーク以外の世界の都市での上演は続くという。同作品は1986年にロンドンの劇場街、ウエストエンドで初演した。17カ国語で上演されており、世界の183都市で1億4500万人以上が観劇したという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン