/

対中抑止強化を「最優先」 米国防次官補候補が証言

(更新)
バイデン政権は対中戦略の見直しを進める=ロイター

【ワシントン=共同】バイデン米大統領が日本などを管轄する国防次官補(インド太平洋安全保障担当)に指名したイーライ・ラトナー氏は16日、上院軍事委員会公聴会で証言した。急速に軍拡を続ける中国への対応策に関し「国防総省を中国とより有効に競争できる態勢にするのが最優先事項だ」と述べ、抑止力強化の重要性を訴えた。

ラトナー氏は「自由で開かれたインド太平洋を推進し、台湾を含めた地域の同盟国やパートナーとの連携を強化する必要がある」と強調した。対北朝鮮政策では「朝鮮半島の平和と安定の維持など、日韓との同盟関係に基づく約束を守る」と述べ、日韓と連携する方針を表明した。

バイデン政権が進める世界的な米軍の態勢見直しを巡っては、中国をにらみ「インド太平洋には、より耐久力のある分散された戦力が必要だ」と書面で説明し、長距離攻撃能力などの整備を求めた。ミサイル配備などが念頭にあるとみられる。

米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設や在沖縄海兵隊の米領グアム移転計画については「インド太平洋の米軍態勢向上に欠かせない」とし、推進する考えを示した。

ラトナー氏は中国専門家。バイデン政権で国防総省が2月に設けた対中戦略見直しの対策チームで責任者を務めた。国務省の中国・モンゴル部で勤務後、2015~17年にオバマ政権で副大統領だったバイデン氏の国家安保問題担当副補佐官を務めた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

バイデン政権

アメリカの「バイデン政権」に関する最新ニュースを紹介します。その他、日米関係や米中対立、安全保障問題なども詳しく伝えます。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン