/

この記事は会員限定です

消費に警戒先行 試練支える経済対策(NY特急便)

米州総局 白岩ひおな

[有料会員限定]

16日の米株式市場でダウ工業株30種平均は小幅に反落し、前日比44ドル安の3万0154ドルで終えた。朝に発表された11月の米小売売上高が市場予想を下回って減少。新型コロナウイルスの感染拡大が続くなか、米国の国内総生産(GDP)の7割を占める個人消費の回復鈍化を警戒し、景気敏感株などの売りが先行した。投資家は景況改善を左右する米政府の追加経済対策の早期合意に期待をかける。

米商務省が16日発表した1...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1085文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン