/

ポーランド大使「非難されるべきはロシア」 安保理会合

(更新)

【ニューヨーク=白岩ひおな】国連安全保障理事会は16日、ロシアのウクライナ侵攻をめぐる公開会合を開いた。北大西洋条約機構(NATO)加盟国のポーランド領内に15日にミサイルが着弾し2人が死亡した事件をめぐり、ポーランドのシュチェルスキ国連大使は「侵略戦争とポーランドでの悲劇を含む余波について、非難されるべきはロシアであることは明らかだ」と述べた。

ポーランドに着弾したミサイルをめぐっては、米国家安全保障会議(NSC)のワトソン報道官がウクライナの迎撃ミサイルである可能性が高いとするポーランドの分析を追認している。

シュチェルスキ氏は事件を受け「航空分野の監視に重点を置き、ポーランド軍の部隊の戦闘態勢の強化を決定しなければならない」と表明した。「調査の透明性を確保するとともに、NATOの一員として集団安全保障を提供する責任を理解している」と語った。すでにドイツ政府はポーランド空域の監視支援を検討する方針を示している。

ウクライナのキスリツァ大使はポーランドへの連帯を表明し「悲劇的な事件のすべての事実を立証するため、ポーランドに協力して完全で透明性のある調査に貢献する用意がある」と述べた。同時に、ロシアのウクライナ侵攻が「ウクライナやその他の地域における暴力や人的被害の唯一の根本原因であることは明白だ」とも強調した。

これに対し、ロシアのネベンジャ大使は「ポーランドに侵入したのはウクライナの防空ミサイルであることに疑いの余地はない」と明言し、ロシアへの非難に反論した。中国の張軍大使は「すべての関係者が冷静さを保ち、誤解と誤算を避け、事態がさらにエスカレートしないよう自制すべきだ」と呼びかけた。

15日にはロシア軍がウクライナ全土の都市をミサイルで攻撃したため、事件発生当初、ポーランドに着弾したのはロシアが発射したミサイルだったとの見方が一時広がった。ロシアが関与していた場合、NATOの集団的自衛権が発動される可能性も否定できない事態だった。

トーマスグリーンフィールド米大使は「まだ全ての事実を知っているわけではないが、ロシアのウクライナへの無謀な侵攻と民間インフラへのミサイル攻撃がなければ、この悲劇は決して起こらなかった」と述べ、ウクライナを擁護した。フランスのドリビエール大使は「戦争の責任はロシアだけが負っており、ウクライナへの大規模な攻撃が不本意なエスカレーションにつながる」と語った。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

ウクライナ侵攻

2022年2月、ロシア軍がウクライナに侵攻しました。戦況や世界各国の動き、マーケット・ビジネスへの影響など、関連する最新ニュースと解説をまとめました。

■戦況  ■マーケット・金融への影響  ■ビジネスへの影響 

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません