/

この記事は会員限定です

米の対中圧力、重層的に 孤立主義から同盟を前面

新時代の日米㊤

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

日米首脳は16日の共同声明で「台湾海峡の安定」と民主主義の堅持を明記した。発足3カ月で中国との対峙へと軸足を移すバイデン米政権と、並走する日本。切迫する国際情勢にどう対応するのか。

「中国との率直な対話の重要性を認識するとともに、直接懸念を伝えていく」とした声明で、中国が神経をとがらせる「台湾」への言及は実に52年ぶりだ。

米中の国交正常化の端緒となった「ピンポン外交」からちょうど半世紀。超大国の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1068文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日米首脳会談

菅義偉首相とバイデン米大統領の首脳会談に関連するニュースを、こちらでまとめてお読みいただけます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン