/

この記事は会員限定です

GM、自動運転の試験走行距離で初の首位 IT大手を猛追

(更新) [有料会員限定]

自動運転技術の実用化に向けて米中企業の開発競争が激しくなっている。2020年の両国での公道実験の当局データによると、米ゼネラル・モーターズ(GM)子会社と米アルファベット系のウェイモ、中国の百度(バイドゥ)が年間100万キロメートル超の走行距離を記録した。GMは初の首位となり、IT(情報技術)大手と競る技術力を積み上げつつある。

自動運転の技術開発の中心地とされる米カリフォルニア州に届け出のあった...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1668文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン