/

エヌビディア、純利益2倍 ゲーム商戦・クラウドで弾み

(更新)

【シリコンバレー=佐藤浩実】米エヌビディアが16日発表した2021年11月~22年1月期決算は、純利益が前年同期比2.1倍の30億300万ドル(約3470億円)だった。年末商戦でゲーム用GPU(画像処理半導体)の需要が膨らんだほか、クラウド事業者を中心にデータセンターでの採用も進んだ。売上高は53%増の76億4300万ドルで、純利益とともに過去最高を更新した。

事業別ではゲーム部門の売上高が37%増の34億2000万ドルだった。ホリデーシーズンと重なり、パソコン(PC)でゲームを遊ぶ際に映像をなめらかに映すGPUの販売が伸びた。品不足が続くなかでゲーム愛好家に購入してもらいやすいよう、ほぼすべてのデスクトップPC向けGPUで暗号資産(仮想通貨)の採掘利用を防ぐ処理を済ませたという。

データセンター部門の売上高は71%増の32億6300万ドルで、8~10月期と比べても11%増加した。クラウド企業によるデータセンター投資が堅調で、自然言語処理や推薦システムの構築といった人工知能(AI)計算のための購入も拡大した。

プロの動画編集向けの製品販売額は2.1倍の6億4300万ドルだった。エヌビディアは21年秋に仮想空間で共同作業やシミュレーションをするためのサービスを始めており、同部門の拡大に弾みがつく可能性がある。自動車向けは14%減の1億2500万ドルで、主要部門で唯一減少した。

ジェンスン・ファン最高経営責任者(CEO)は声明で「エヌビディアのコンピューティング基盤に対する、並々ならぬ需要を目の当たりにしている」と述べた。1月には米メタ(旧フェイスブック)がエヌビディアの技術を用いたAIスパコンを開発中だと明らかにしている。2~4月期の売上高は81億ドル前後を見込んでいる。

エヌビディアは2月、英半導体設計大手アームの買収を断念した。ソフトバンクグループへの前払い金などを反映し、2~4月期に13億6000万ドルの営業費用を計上する。

ファンCEOは「最善を尽くしたが、逆風が強すぎて規制当局に安心感を与えられなかった」と話した。一方で「アームとのプロジェクトは複数ある」と言い、今後もCPU(中央演算処理装置)の開発などでアームとの協業を重視する姿勢を示した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン