/

米ディズニーなど、マスク義務相次ぎ緩和 感染減で

【ニューヨーク=野村優子】米企業が、相次ぎマスク着用義務の緩和に動いている。ウォルト・ディズニーは17日から、南部フロリダ州にあるテーマパーク「ディズニーワールド」などで来場客に求めてきたマスク着用ルールを緩和する。新型コロナウイルスの感染者数が減少を続けるなか、正常化に向けた動きが加速している。

ディズニーは、フロリダ州の「ディズニーワールド」と西部カリフォルニア州にある「ディズニーランド」で、ワクチン接種完了者を対象に屋内でのマスク着用ルールを免除する。ワクチン未接種者には、引き続きマスク着用を求める。食肉大手タイソン・フーズも16日、ワクチン接種完了者を対象にマスク着用義務を撤廃すると従業員に通知した。小売り最大手ウォルマートは先週から、従業員のマスク着用義務を緩和している。

各州でもマスク着用義務の撤廃は相次ぐ。東部ニューヨーク州は9日、小売店やレストランなどに求めてきた屋内でのマスク着用義務を撤廃すると発表した。ほかにもカリフォルニア州や東部コネティカット州、ニュージャージー州などがマスク着用義務の緩和に動いた。

全米におけるマスク着用も近く緩和される可能性が高い。米疾病対策センター(CDC)のワレンスキー所長は16日の記者会見で「(感染者数などの)データが改善すれば、マスク着用についての方針を見直す」と述べた。2月下旬から3月初旬にかけて、ガイドラインを変更する可能性を示唆した。現在のガイドラインによると、ワクチン接種完了者でも屋内でのマスク着用が勧告されている。

米国では感染者数の減少が続いている。CDCによると、新規感染者数(7日移動平均)は14日に約14万7000人となり、1月中旬につけた過去最多の80万人超から8割減少した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン