/

NASA、月面着陸船の開発にスペースX選定

マスク氏が設立したスペースXは有人宇宙飛行で実績を持つ=AP

【ワシントン=鳳山太成】米航空宇宙局(NASA)は16日、飛行士を月面に送る着陸船の開発企業に、起業家イーロン・マスク氏が設立した米スペースXを選んだと発表した。契約額は28億9000万ドル(約3200億円)。同社の提案が米アマゾン・ドット・コム創業者ジェフ・ベゾス氏の企業に競り勝った。

NASAがスペースXに開発を委託するのは、月周回軌道と月面を行き来する着陸船。安全性の高さやコストを理由に同社の提案を選んだ。2024年にも宇宙飛行士2人を月面に着陸させる有人探査計画「アルテミス」に使う。

NASAは月着陸船を開発するにあたり、民間企業に競わせた。審査した提案3件のうち、ベゾス氏が率いるブルー・オリジンも手を挙げていた。月周回軌道まで人を届ける新型宇宙船「オリオン」や新型ロケット「SLS」はNASAが主体となって開発中だ。

スペースXは既に有人飛行で実績を重ねている。地球と国際宇宙ステーション(ISS)を行き来する新型宇宙船「クルードラゴン」の開発・運用もNASAから請け負った。22日には日本人宇宙飛行士の星出彰彦さんを乗せた3回目の有人飛行に臨む予定だ。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン