/

米決済スクエア、仲介者不要の金融 ビットコインで推進

【ニューヨーク=吉田圭織】米決済サービス大手スクエアのジャック・ドーシー最高経営責任者(CEO)は15日、代表的な暗号資産(仮想通貨)ビットコインを使って、仲介者が不要な分散型金融(Decentralized finance、DeFi、ディーファイ)の技術を開発すると発表した。急成長してきたスクエアが、次世代の技術とされるDeFiでどのようなサービスに乗り出すかが関心を集めている。

ドーシー氏はビットコインの支持者として知られ、スクエアではビットコインも購入している。ドーシー氏は新事業について、「カストディー(資産管理)なしで、規制当局の許可を必要とせずに、分散型の金融サービスを簡単に提供する」と説明した。開発プロセスは全てオープンにする方針だ。どのようなサービスを念頭に置いているかは明らかにしていない。

DeFiは銀行や取引所など第三者を介さない金融取引サービス。ブロックチェーン技術を使い、条件を満たせば融資や売買、貸し借りといった取引の契約内容が自動的に実行される。効率性の向上やコスト削減につながるとして、開発プロジェクトには多くの資金が集まっている。

これまでは技術的に親和性が高いとされる仮想通貨のイーサリアムが多く使われていたが、スクエアはより広く普及しているビットコインに注目した。大手のスクエアの参入で、サービスの開発競争が激しくなる可能性がある。

一方、管理者を置かないDeFiには不正のリスクも指摘されており、規制当局による監視の目が厳しくなる可能性がある。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません