/

3回目接種、65歳未満には「推奨せず」 米第三者委

(更新)
ファイザー製の新型コロナウイルスワクチン

【ニューヨーク=野村優子】米食品医薬品局(FDA)は17日、ファイザー製の新型コロナウイルスワクチンの追加接種(ブースター接種)について審議する第三者委員会を開き、16歳以上65歳未満への承認を推奨しなかった。追加接種の安全性や必要性を示すデータが不十分とした。65歳以上や重症化リスクの高い人への追加接種は推奨した。

FDAは第三者委の議論を踏まえて、承認を最終判断する。バイデン政権は9月末から幅広い年齢層に追加接種を開始する計画だったが、一部で遅れが出る可能性がある。

外部有識者が参加する第三者委はまず、接種完了から少なくとも6カ月が経過した16歳以上への3回目の追加接種について、承認を推奨するかどうか投票を行った。賛成2人、反対16人となり、広く一般への追加接種は推奨されなかった。その後、65歳以上や重症化リスクの高い人を対象にした追加接種について再び投票し、全会一致で推奨した。

第三者委のメンバーからは、高齢者や重症化リスクの高い人の予防効果を高めるための追加接種は有効である一方、広く一般への追加接種の安全性を見極めるにはデータが不十分との指摘があった。時間の経過で予防効果が低下してもFDAが安全なコロナワクチンに求めた基準である50%の有効性を上回るとの指摘もでた。FDAも既存の2回接種のワクチンでも、重症化や死亡に対する予防効果は引き続き期待できるほか、追加接種の必要性を示すデータが不足しているとの見解を示した。

FDAは第三者委の決定に従う必要はないが、おおむね踏襲してきた。バイデン政権が計画していた9月末からの追加接種の開始は修正を迫られる可能性がある。2回目の接種を終えてから8カ月後に、当初接種したワクチンと同じメーカー製のものを追加接種する計画だった。米疾病対策センター(CDC)によると米国では全人口の54%、65歳以上では83%がワクチン接種を完了している。

ファイザーは時間の経過とともにワクチンの予防効果が低下するとして、追加接種の必要性を訴えている。同社がFDAに提出したデータによると、2回の接種後、徐々にデルタ型への感染予防効果は下がり、4カ月以降に当初の53%になった。デルタ型以外に対しても97%から67%に下がった。追加接種すれば感染リスクは約11分の1になるとして、2回目の接種から6カ月後に追加接種が必要と指摘した。

ファイザーは17日、「将来の承認に向けて引き続き追加接種のデータ収集を続ける。我々はより多くの人々への追加免疫に利益があると信じている」と声明を出した。

追加接種の必要性については、懐疑的な見方も出ている。FDAの一部の研究者らは英医学誌ランセットに13日公開した論文で「重症化予防には高い効果を維持しているので、現状では一般の人への追加接種は必要ない」と主張。米政府が推奨する追加接種について「正当な科学的証拠が十分示されていない」などと指摘した。世界保健機関(WHO)も途上国への供給を優先すべきだとの見解を示している。

世界ではイスラエルが8月に3回目の追加接種を開始し、先行している。フランスは9月上旬から高齢者を対象に追加接種を開始しているほか、英国も来週から開始する予定だ。日本も17日、国内で3回目の追加接種を実施する方針を固めた。

新型コロナ特集ページへ

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン