/

この記事は会員限定です

基軸通貨、民主主義が必要条件 アイケングリーン教授

通貨漂流ニクソン・ショック50年 私はこうみる④

[有料会員限定]

米国の相対的な力が落ちるなか、国際通貨秩序はこれからどう変化するのか。より多極化すると予測する米カリフォルニア大学バークレー校のバリー・アイケングリーン教授に聞いた。

――ドル一極ではなくユーロや中国・人民元の重みが増すとみていますね。

「英ポンドが基軸通貨の時代は仏フラン、独マルクも重要な国際通貨だった。1920~30年代はドルとポンドがほぼ同等の重要性を持っていた。1945年以前はポンドだけ、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1277文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン