/

この記事は会員限定です

米国の農地に投資マネー 穀物高で、インフレヘッジ狙い

[有料会員限定]

穀物価格の高騰を背景に米国の投資家が農地に注目し始めた。農地専門の不動産投資信託(REIT)やクラウドファンディング型の投資商品へマネーが流入している。

「農地投資は昔から非都市部の医者や実業家など富裕層に人気があった。今はインフレヘッジを求める個人や機関投資家に広がっている」。農地REIT大手ファームランド・パートナーズ(FPI)のポール・ピットマン最高経営責任者(CEO)は解説する。

FPI...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1105文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン