/

GM、米でEV電池4工場に倍増 投資3.8兆円に

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える
GMはEV関連の投資を拡大する=ロイター

【ニューヨーク=中山修志】米ゼネラル・モーターズ(GM)は16日、2025年をめどに米国で電気自動車(EV)用の2つの電池工場を建設すると発表した。オハイオ州などで建設中の2工場に加え、リチウムイオン電池の生産能力を増強する。EVと自動運転技術への投資を25年までに総額350億ドル(約3兆8000億円)に3割引き上げる。

韓国・LG化学と共同開発したEV用のリチウムイオン電池「アルティウム」を増産する。工場の建設場所はこれから選定する。オハイオ州とテネシー州に建設中のLGとの合弁工場と合わせて、米国の電池工場は4カ所になる。

GMは投資拡大の理由について「これまでに発表したEVへの世間の反応が強かったため」と説明した。同社は20年3月にEVと自動運転技術に200億ドルを投資する計画を発表し、同11月に投資額を270億ドルに積み増した。2度目となる今回の増額により、投資額は直近の計画から3割、当初計画から8割近く増えることになる。

米フォード・モーターも5月、25年までにEVに300億ドル以上を投資すると発表した。米国でのEV普及をめざすバイデン米政権の発足が引き金となり、米大手2社の投資競争が過熱している。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン