/

この記事は会員限定です

米議会「デジタル貿易協定を」 対中政策で政権に圧力

[有料会員限定]

【ワシントン=鳳山太成】中国がインド太平洋の経済連携で攻勢をかけるなか、米議会はバイデン政権に中国への対抗策を打ち出すよう圧力を強めている。与野党の議員はデジタル分野を含めた貿易協定の締結を求めるが、政権は慎重な姿勢を崩さない。議会は中国に主導権を奪われるとの懸念を深めている。

下院外交委員会でアジアを担当する小委員会のベラ委員長(民主党)はこのほど日本経済新聞の取材に「米国がインド太平洋の同志...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1270文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

バイデン政権

アメリカの「バイデン政権」に関する最新ニュースを紹介します。その他、日米関係や米中対立、安全保障問題なども詳しく伝えます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン