/

この記事は会員限定です

銃規制30年ぶり実現めざす 米与野党、中間選挙にらみ

(更新) [有料会員限定]

【ワシントン=芦塚智子】米国で相次ぐ銃乱射事件を受け、上院の超党派の議員団は来週中の銃規制強化法案の採決を目指す。これまであらゆる銃規制を阻んできた共和党指導部が軟化しており、成立すればクリントン政権下の1994年に成立した「攻撃用銃器」禁止法(2004年に失効)以来となる。11月の中間選挙を前に規制を求める世論への配慮だけでなく、主要銃ロビー団体の影響力低下も背景にある。

上院の共和党トップで...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1284文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン