/

8月の米小売売上高、プラス0.7% 予測に反して増加

【ワシントン=長沼亜紀】米商務省が16日発表した8月の小売売上高(季節調整済み)は6187億ドル(約67兆8300億円)で前月から0.7%増えた。0.8%程度の減少を見込んだダウ・ジョーンズまとめの市場予測に反しての増加で、消費が堅調だったことを示した。7月分は1.8%減に下方修正された。

半導体不足による減産で在庫薄になっている自動車・関連部品販売店の売り上げが8月は3.6%減り、4カ月連続で減少した。しかし、これを除くと1.8%増だった。新型コロナウイルスの感染再拡大やインフレで消費者マインドは下がっており、消費は弱いと見込んだ市場予測(プラス0.1%程度)を大幅に上回った。

項目別では、オンライン・ストアなど無店舗小売店の売り上げがプラス5.3%と伸びたほか、家具店(プラス3.7%)、百貨店(プラス2.4%)も好調だった。一方、回復を続けていた飲食サービス店はコロナ感染の再拡大で客足が鈍り、売り上げは横ばいだった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン