/

米長官、中ロ外相とアフガン情勢協議 

【ワシントン、モスクワ=共同】ブリンケン米国務長官は16日、中国の王毅国務委員兼外相、ロシアのラブロフ外相と相次ぎ電話会談し、イスラム主義組織タリバンが政権を掌握したアフガニスタンの治安情勢や、現地の米国民らの安全確保について協議した。国務省が発表した。

ロシア外務省によると、ブリンケン氏とラブロフ氏はガニ政権崩壊後の状況安定化に向けて対話を続けることで一致。ラブロフ氏は現地のロシア大使館がアフガン各勢力と連絡を取り合っていることを伝え、ブリンケン氏は人的支援の必要性などを指摘した。

アフガンの首都カブールの米大使館は職員を退避させ、空港に拠点を移したが、中国大使館は業務を継続。中国政府はタリバンによる政権掌握を事実上容認し、友好関係を続ける方針を示している。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン